明石大久保ゆりのき通/神明クリニック
コラム 診療案内 *神明クリニック* 医院案内 *神明クリニック* ドクター紹介 *神明クリニック* 血液透析 *神明クリニック* アクセス *神明クリニック*

診療時間のお知らせ *神明クリニック*
 午前診療時間9:00 ~ 12:00
 午後診療時間16:00 ~ 19:00
 休診日木・土 午後診療
日・祝日
 
診療時間のお知らせ *神明クリニック*
HOME » コラム

神戸新聞・折込の、地域の広報にあります「とことん、おおくぼ Okubo.com」の「ドクター西原のいきいき生活通信」で掲載された内容です。ぜひ皆様の生活にお役立てください。

ワクチンについて

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、インフルエンザの流行の時期となりましたが、もうワクチン接種は済みましたか。よく皆さんから「インフルエンザのワクチンって効果あるの?」と聞かれるのですが、ワクチンを接種したほうが、インフルエンザを発症する確率とその合併症を軽減できることは大規模な研究によって明らかになっていますので、効果は間違いなくあります。ただしその人の体質や年度によって効果にバラツキがありますので、過信は禁物です。

さて、現代社会はこのワクチンがなければ生きていけないと思えるぐらい、いろんなワクチンが登場しています。その始まりは1796年までさかのぼります。最初に開発されたワクチンは天然痘のワクチンで、20世紀だけでも全世界で3億人の人が天然痘で亡くなったそうですが、ワクチンのおかげで1977年を最後に患者の発生はなく、1980年にはWHOから根絶宣言が出されました。凄いことですね。世界中でワクチン接種に取り組めばウイルスを根絶できるのですね。ワクチンの効果を示す最も良い例かもしれません。天然痘のワクチンの発明以来、数々のワクチンが開発されています。

私が子供の頃に接種したワクチンは結核をはじめ数種類ほどだったのですが、ここ数年で一気に増えて、今の子供達は全部で8種類のワクチンが定期接種となっていて、今後まだ増えると思われます。更に大人の場合も肺炎球菌ワクチンや最近では帯状疱疹予防のために水痘ワクチンが使用できるようになっています。

また、麻疹や風疹の抗体が不十分である大人が少なくなく、一時的な流行の要因となっているため、これらのワクチンを接種する人も増えていています。特に風疹ワクチンについては今春から感染リスクが高いとされる39~56歳の男性を対象に3年間原則無料で接種できる予定です。

このように最近になっていろんなワクチンが接種されるようになったのですが、これには理由があって、実は日本ではワクチンの副作用が大きな問題となった歴史があり、ワクチン接種に対して消極的になっていた時期があったためです。欧米では20年前から積極的にワクチンを接種していて、日本が「ワクチン後進国」と呼ばれていた所以(ゆえん)です。

ただ、ワクチンについてはやはり副作用の観点から心配する声があるのも事実です。私自身も生命の危険性がほとんどないウイルスに関してはそれほど神経質にならずに、持病のある人中心に接種すればよく、ウイルスとの共存という考え方も重要ではないかと考えていた時期もありましたが、「現在のグローバル社会の下ではワクチン後進国ではダメで、欧米と足並みをそろえる必要があるのかな」と思っております。

いきいき生活通信 2019年 1月号

ページの先頭へ戻る